category絵画/油彩

岩田道夫作品の集大成『岩田道夫の世界』

trackback--  comment0
今年は孤高の天才芸術家岩田道夫が亡くなってから10年の年。
2014年、57歳で天上に逝ってしまった岩田道夫は短い生涯に
数多くの作品を残した。 
画家、詩人、童話作家、消しゴムアーティスト、郷土史家
と他面的な顔を持つ岩田だが、その作品を網羅した作品が
『岩田道夫の世界  ミクロコスモス』である。
発売は2023年7月だが、没後10年の節目にあたる2024年に、多くの人に
見ていただきたく改めての紹介となる。
ページ数は全項256ページ。
ズシリと重いまさしく彼の集大成といえる作品集だ。
レイアウトは阿野仁志、カラーリストは近島哲男。
構想、プロデューサーは村田和子である。
出版は内容の濃い出版物を出すことで有名な『未知谷』
からの出版である。
定価:8,000円(税込)。
作品集の内容は本当に他面的に網羅してある。
その中からほんの一部になるがアップしてみたい。
 IMG_20240321_0001.jpg
帯には童話作家の巨匠『佐藤さとる』さんの言葉が載っている。
『彼は天才だよ。作品が残る。
 生きた証も人柄も全てそこにある。
 作家はそれでいいんだ』
まさしく岩田道夫を表した言葉だ。
IMG_20240321_0002.jpg
帯裏には宇宙物理学者『佐治晴夫』先生の言葉が載っている。
3rd_14_15ポートレイトのコピー
少女 油彩 1994.2
岩田は一人の少女をよく描いた。その中の一枚。
10歳にも満たない少女の中に眠る人間が現れた一枚
3rd_72_73雲の教室関連のコピー
雲の教室シリーズ 水彩 1987.12.18
岩田は水彩シリーズをよく書いた。
月と花と少女、これも彼がよく書いた題材。
3rd_188_189はれのちくもりのコピー
冬の道 油彩 2010年ごろ
水彩、線画と合わせて晩年描いていたのが
月と嵐山シリーズ。遠い道の先にある城は玉姫殿。
月、太陽、星、道どれも永遠を表すもの。
3rd_222_223消しゴムアートのコピー
消しゴムアート.1
岩田の独創的作業の最たるものの中の一つ。
消しゴムを緻密に掘りながらスタンプにしていく。
こんな世界を作れるのは日本では彼だけだろう。
このスタンプだけで本が一冊できる。
3rd_196_197のんびりほとけさまのコピー
母子菩薩 墨彩 年代不詳
何百枚も描いた仏シリーズ。
彼は仏教徒ではないが、祈る作業が一枚の絵に現れたもの。
3rd_98_99人物デッサンのコピー
人物デッサン/AYA 鉛筆 1991.4.28
岩田のことを「線の作家」という人がいたが、
柔らかい繊細な線の扱いは天才的と言える。
3rd_96_97メルヘンのコピー
小情景集 秋
彼の幼少期の記憶が現れた作品。
誰もが幼少期に持つ光景を、生涯忘れなかった
彼のみの作品。
3rd_156_157植物画・花のコピー
栗 水彩 1988.9.28
岩田の線に対する執着が現れた圧巻の作品。
多数ある中でこの作品は白眉と言えるもの。
3rd_86_87雲の教室関連ペンのコピー
ミクロコスモス シリーズ ペン画 1988.4.28
彼はペン画もよく描いている。
構図を緻密に決め、線を1本ずつ描いていく。
誰もが真似のできない岩田のみの世界だ。
3rd_62_63佐治先生Bのコピー
画1  ペン画 1999.4.18
今回ブログの最後はペン画。
この構図は数学計算をして構図を決めている。
大学時代物理学、数学を学んでいた影響だろうか。

次回はその.2をアップしたい。
是非、購入して見ていただきたい本である。






〔テーマ:アートジャンル:学問・文化・芸術

categoryプネウマ最新情報

作品の集大成『岩田道夫の世界』刊行。

trackback--  comment0
2014年に急逝した孤高の画家、岩田道夫の集大成となる
本が2023年3月末出版される。出版元は東京『未知谷』からの刊行。
本の着想から役2年半の歳月を費やしての出版となる。
この本は生前本人が一番望んでいたことで、画家、童話作家、消しゴムアート
郷土研究家として多面的な才能を持つ、岩田をどうまとめるかということに
多くの時間を割いた。全256ページにわたる本は多面的な岩田ワールド
全開の本となっている。
今回はとりあえず告知だが、多くの人の目に触れてほしいと思う。
作品集カバー1



作品集カバー2

〔テーマ:アートジャンル:学問・文化・芸術

categoryプネウマ最新情報

岩田道夫遺稿出版記念展開催!

trackback--  comment0
 7月28日から8月2日まで『岩田道夫遺稿出版記念展』を開催している。
今回は、1980年代中頃創作した童話、ファンタジー作家としての作品が中心。
2020作品展ポスター
岩田は、多面的に創作した作家として知られるが、多面的といえば有名な
「宮沢賢治」がいる。共通なところも非常におおいが、大きな違いは
晩年は油彩絵画をたくさん描いたことだろう。
koten3.jpg
初期はおもにペン画、水彩の作品が多く、ペン画は1本の線に生命をこめる様に
線を引いている。水彩は淡い色使いだが、強い線を書きその上に色をのせる。
仮に色がなくても十分作品として成り立つのである。
koten7.jpg

koten1.jpg
そんな初期の手法が凝縮した書籍が東京未知谷出版から7冊一挙に出版されている。
これは社長の飯島徹氏が、岩田の抜きん出た才能に目を付け、出版の運びとなった。
会場にはその書籍にまつわる資料も展示し、特異な才能を理解する助けになっている。
koten6.jpg
岩田が亡くなり今年は6年目に入る。
時代は変わり、今年は新型コロナウイルスが猛威を振るっている。
そんな中、本を読んだ評論家が週間読書人を通じある投稿をしている。
『誰もが疑わず信じてきたものが、別の意味を持つポストコロナの時代
そんな時代の必読書』と、締めくくってるが、先の読めなくなった今の時代もっとも
必要なのは、従来の価値観に寄らない自由な発想なのかもしれない。
20200724読書人




〔テーマ:今日のブログジャンル:ブログ

categoryプネウマ最新情報

岩田道夫の初期の名作『雲の教室』未知谷出版より刊行。

trackback--  comment1
 岩田道夫の初期の名作『雲の教室』が未知谷出版より刊行された。
この作品は過去に形を変え2回出版されている。
1回目は童話と散文集『雲の教室』として自費出版している。
2回目は1992年童話集『雲の教室』として国土社より出版。
この本は日本文芸家協会新人賞をとっている。
そして3回目となる45編の童話と散文からなる『雲の教室』として
新たに刊行された。
未知谷出版での刊行は7冊目となる。
おもて
うら
この45編の童話はどれも岩田道夫独自の世界が満載である。
表紙ををめくると岩田道夫のライフワークともなっていた
消しゴムアートが目に入る。
消しゴム
コロナの時代と言われる今、多くの人に読んでもらいたい本だ。


〔テーマ:アートジャンル:学問・文化・芸術

categoryプネウマ最新情報

岩田道夫の初期の童話、続々刊行

trackback--  comment0
『今回の出版にあたり』
岩田道夫の1980年代に書かれた初期の童話(ファンタジー)が、
東京の出版社「未知谷」から6冊続けて出版されています。
今回の出版は昨年5月、岩田道夫展覧会に来てくださった未知谷出版社
の飯島徹社長が岩田道夫に惚れ込んで下さり出版に至りました。
これからも随時出版して下さる予定です。

以下は出版リストです。
◼︎森の仲間たち
 2019年8月20日発行 定価1,500+税 『イーム・ノームと森の仲間たち書評』
イームノーム2書評
◼︎ファおじさん物語 春と夏
 2020年3月5日発行 定価1,800+税
ファ春夏2ファおじさん1裏
◼︎ファおじさん物語 秋と冬
 2020年3月25日発行 定価2,000+税
ファ秋冬2ファおじさん2裏
◼︎ふくふくシリーズ.1 『水たまり』
 2019年12月5日発行 定価1,000+税
水たまり2水たまり裏2
◼︎ふくふくシリーズ.2 『影の散歩』
 2019年12月25日発行 定価1,000+税
影の散歩2影裏2
◼︎ふくふくシリーズ.3 『不思議の犬』
 2020年1月20日発行 定価1,000+税
不思議の犬2不思議裏2

『購入について』
以上6冊は全国の書店及びamazonで購入できます。
また、旭川ジュンク堂書店、こども富貴堂及び岩田道夫の私設ギャラリーミクロコスモスからも購入可能です。
以下の指定アドレスまで連絡いただけますと、郵送させていただきます。
申し込みアドレス『kazukomurata0718@gmail.com』

『今年の岩田道夫ギャラリーミクロコスモス開館について』
今年のギャラリー開館は4月16日(木)を予定しています。
開館にあたり、現在の新型コロナウイルスの影響から4月、5月の開館はメール
電話等の申し込みのみの開館とさせていただくことといたします。
Mail:kazukomurata0718@gmail.com    電話:080-5581-3567
6月以降は通常毎週木曜から日曜日11:00から午後4:00まで通常に開館いたします。
一時も早い日常に戻ることが望まれます。
皆様のご無事を心よりお祈りいたします。
ぷねうま舎 代表 村田和子




〔Tag〕岩田道夫イーム・ノームふくふく

〔テーマ:アートジャンル:学問・文化・芸術

New «‡Top» Old