categoryプネウマ最新情報

雲が降ってくるような日

trackback0  comment0
 紅葉が盛りのある日、岩田道夫が愛した常磐公園を
散策する。
IMGP7682.jpg
公園を通り川べりの土手を上がると、視界が広がり
石狩川が流れる。
その向こうには岩田が好んで描いた『玉姫殿』がある。
IMGP7683.jpg
この街、大きな特徴の一つに「空が広い」。
雲が降ってくるように浮かんでいる。
岩田が雲をたくさん描いたはずだ。

今年の紅葉は、天候がよくなかったせいか
色があまり良くないが、木々の匂い、落ち葉を
踏みしめる感覚、確かに秋は過ぎ去っていく。


この写真は2016年のきれいな紅葉。
IMGP4621.jpg



〔テーマ:今日のブログジャンル:ブログ

categoryプネウマ最新情報

サハリン州岩田道夫展開催記念報告展開催!

trackback0  comment0
 11月28(水)から12月2日(日)までの期間
市民ギャラリーコレクション館(旭川市宮下11丁目蔵囲夢内)
にて『サハリン州岩田道夫展開催記念報告展』を開催する。
サハリン個展ポスター2
サハリン州の岩田道夫展の顛末は先のブログにも書いた。
日露文化芸術フェスティバルの北海道からの出演者参加は
地震のため中止となり、岩田道夫展初日予定していたオープニングと
講演会は代理人により行われ、サハリンでの展覧会は10月11日まで開催される。

作品は10月末に戻る予定。それを受けて報告会を兼ねた展示を行う。
また、12月1日(土)特別記念講演会として「現代の宮沢賢治、岩田道夫」
をテーマに日本の理論物理学の第一人者佐治晴夫先生に講演をしていただく。
saji2 のコピー 
        
サハリン州岩田道夫展開催記念特別記念講演会
「現代の宮沢賢治、岩田道夫」
講演:佐治晴夫(理論物理学者)
日時:12月1日(土) 開演:17:00〜19:00終了予定
場所:市民ギャラリーコレクション館(旭川市宮下11丁目蔵囲夢内)
料金:2,000円
要申し込み必要(100名限定)
申し込み先:0166-22-3567/tel&fax   mail/kazukomurata0718@gmail.com
※岩田道夫を現代の宮沢賢治と評する佐治晴夫氏。
芸術、音楽、哲学、科学の幅広い分野から2人を論じる
感動の講演会。

〔テーマ:今日のブログジャンル:ブログ

categoryプネウマ最新情報

サハリン日露文化芸術フェスティバル出品のその後

trackback0  comment0
 2018年9月7日から10月中旬までロシアサハリン州で
開催予定だった『日露文化芸術フェスティバル』、北海道からも
多くの団体が参加予定だった。

そんな折、9月6日北海道胆振東部地震が起きた。
最大震度は7.0。 死者41人が出た。
今回の地震のもっとも大きな被害は全道規模で停電した
大規模停電だ。こんな規模の停電は過去には経験がない。
そのようなことで、北海道からの『日露文化芸術フェスティバル』
の参加は中止となり、岩田道夫サハリン個展の為、講演予定だった
関係者も渡航が中止となってしまった。
個展自体は予定通り開催した。
pict01.jpg

pict03.jpg

pict02.jpg
期間中の個展では、ギャラリーミクロコスモス代表、村田和子
他数名がサハリンで個展するはずが、ギリギリまで予定通りの
渡航の道を模索したが、それも叶わず断念となった。

せっかくサハリン州でも力を入れて準備をしていただいたが、
天災の地震とあっては致し方ない。

この個展の報告会を11月28日〜12月2日まで予定している。
詳細は次回ブログで。

〔Tag〕岩田道夫

〔テーマ:今日のブログジャンル:ブログ

categoryプネウマ最新情報

日露文化芸術フェスティバルに岩田道夫作品出品!

trackback0  comment0
2014年に他界した孤高の芸術家岩田道夫の作品展が
ロシアサハリン州で開催される。
これは、2018年日露文化芸術フェスティバルの一環で
開かれるもの。油絵、線画、消しゴムアート、書画と
多方面に才能を発揮した作品を70点あまりを展示する。

経緯は岩田道夫の私設ギャラリーを訪れた、サハリン州立美術館
の関係者があまりにレベルの高い広範な作品に驚き、
是非サハリンで個展を開催したいと、北海道サハリン事務所を通じ
連絡が来たもの。もともと彼は網走出身。
自身で『古代のオホーツク文化』を研究していた。
それにはサハリン(旧樺太)も含まれる。

降ってわいたような話だが、彼はどう思っているだろうか。
期間は9月7日から10月半ばまで。
個展初日には岩田道夫ギャラリーを主宰する村田和子氏が
サハリンの芸術家のために講演することが予定されている。
開会式には北海道知事も参加するらしい。

サハリン個展ポスター2

〔Tag〕岩田道夫

〔テーマ:アートジャンル:学問・文化・芸術

categoryプネウマ最新情報

2018年ギャラリーミクロコスモス開館!

trackback--  comment0
岩田道夫の私設ギャラリーミクロコスモスも4年目を迎え
4月15日からオープンしている。
様々なジャンルに挑戦した岩田だが、今年は常設の油彩、
水彩、消しゴムアートの他、ハリガネアートを展示している。
これは、作品を整理している中で偶然発見されたもので、
人物、顔、抽象アートなど製作している。
IMGP7066.jpg

IMGP7069.jpg

IMGP7068.jpg

開館時間は木曜から日曜、午前11時から午後4時まで。
場所は旭川市常盤通り3丁目 第一パレスハイツ303号。
※普通のマンションに作られたギャラリーなので、一度に
多くの人は入れません。 そのため連絡が必要となります。
来館ご希望の方は080-5581-3567(村田)まで。
2018DM表
2018DM裏outline

IMGP7083.jpg
岩田道夫のテーマの一つ。
山とパルプのけむりと雲と空。






New «‡Top» Old