categoryプネウマ最新情報

サハリン日露文化芸術フェスティバル出品のその後

trackback0  comment0
 2018年9月7日から10月中旬までロシアサハリン州で
開催予定だった『日露文化芸術フェスティバル』、北海道からも
多くの団体が参加予定だった。

そんな折、9月6日北海道胆振東部地震が起きた。
最大震度は7.0。 死者41人が出た。
今回の地震のもっとも大きな被害は全道規模で停電した
大規模停電だ。こんな規模の停電は過去には経験がない。
そのようなことで、北海道からの『日露文化芸術フェスティバル』
の参加は中止となり、岩田道夫サハリン個展の為、講演予定だった
関係者も渡航が中止となってしまった。
個展自体は予定通り開催した。
pict01.jpg

pict03.jpg

pict02.jpg
期間中の個展では、ギャラリーミクロコスモス代表、村田和子
他数名がサハリンで個展するはずが、ギリギリまで予定通りの
渡航の道を模索したが、それも叶わず断念となった。

せっかくサハリン州でも力を入れて準備をしていただいたが、
天災の地震とあっては致し方ない。

この個展の報告会を11月28日〜12月2日まで予定している。
詳細は次回ブログで。

〔Tag〕岩田道夫

〔テーマ:今日のブログジャンル:ブログ

New «‡Top‡» Old